その辺の最果てで頑張れ

応援こそが 今日も今日とて

2017年1月映画館で観た新作映画

1月映画館で観た新作映画

 

1日『ドント・ブリーズ

1日『ぼくは明日、昨日のきみとデートする

2日『アズミ・ハルコは行方不明

4日『この世界の片隅に』(4回目)

7日『この世界の片隅に』(5回目)

8日『人魚姫

8日『この世界の片隅に』(6回目)

9日『ソーセージ・パーティー

21日『太陽の下で

21日『沈黙 サイレンス

22日『ザ・コンサルタント

27日『ドクター・ストレンジ IMAX3D

27日『スノーデン

28日『マグニフィセント・セブン

28日『ドラゴン×マッハ

 

1月はもの凄いラインナップで、年間ベスト級の作品ばかり。

中で特に印象に残った作品をキリよく三本。鑑賞順に。

 

・ドント・ブリーズ


映画 『ドント・ブリーズ』 予告

 

公開自体は2016年12月ですが未見だったので。

面白すぎてどうにかなりそうだった。僕が映画に求めている要素をぎゅうぎゅうに詰め込んでてくれている。感謝。

沈黙がとても効果的に使われる作品だったので、映画館で観ておいて本当によかった。

 

・人魚姫


鬼才・チャウ・シンチーが放つメガヒットファンタジー『人魚姫』予告編

 

今年はチャウ・シンチーに年賀状を出さなければならないレベルの大傑作。

ベタにベタを重ねるような展開で、それでも大爆笑させられてしまうテンポの良さと映像の力。改めてチャウ・シンチーは抜群に映画撮るの上手いと思った一作。相変わらずバイオレンス描写も恐ろしくしっかり作り上げて来ている。

あまり公開規模云々に関して意見を持つことはないのだが、さすがにチャウ・シンチーの新作、しかもアジア歴代一位の興行収入の記録を作った今作が、当初都内で一館のみの上映と言うのはビビった。つか呆れた。

 

・ドクター・ストレンジ


カンバーバッチ主演マーベル映画『ドクター・ストレンジ』特報

 

丁度半年くらい前、予告編を観てその映像にビックリさせられて、かなり期待をかけていたのだけど、期待以上の出来だった。

映像、ここまで来てんのか。そしてここまで観させてくれんのか。という驚きがしっかり2時間持続する。すげえ。目の前で展開される映像の凄まじさだけで泣いてしまった。涙以外の汁も出ていた気がする。身体中から。

 

 

その他、北朝鮮を題材にしたドキュメンタリー『太陽の下で』もアイドル映画的側面があって素晴らしかったし、スコセッシの新作『沈黙 サイレンス』も文句なく面白い。己の無知を否応なく自覚させられ、ジョセフ・ゴードン=レヴィットはやっぱりとんでもない役者だったということを改めて感じさせられた『スノーデン』もよく出来ていて、大好きなアクション映画『SPL 狼よ静かに死ね』の一応の続編、『ドラゴン×マッハ』なんかも最高だった。

いやもう、ほとんど最高すぎて3本選ぶのも大変な程。反対に『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は良い珍作。ポジティブなワースト映画。

観た映画が面白い作品ばかりだった為、あまり食べ残した印象こそない月だったけれど、まだ観れていないところで『牝猫たち』『疾風スプリンター』『キセキ ーあの日のソビトー』あたりは早いところ観に行きたい。年明けて間もないと言うのに、早くも追っ付かない状況になってきている。困った。

 

 

2月はいよいよ待ちに待った『ラ・ラ・ランド』が公開される他、久しぶりにヴァンダムがスクリーンで拝める『キックボクサー・リジェネレーション』をはじめ、名物企画「未体験ゾーンの映画たち」からも面白そうな映画がちらほら。いい感じに香ばしい匂いがしている実写版『咲 Saki』も楽しみで仕方ない。